将棋歴30年(ただし、途中ブランク14年)の父親(高校生のとき四段取得、今は初段くらい?)が、息子に将棋を教える過程をつづったものです。

 息子が5歳になる直前くらいに、何か頭の体操になることをやらせてみるかと思って、くもん「スタディ将棋」を買ったのがはじまり。

 しばらくは週に1回か2回くらい駒の動かし方を教える程度でしたが、自分が転職で時間ができてからは毎晩教えたり将棋教室に連れて行ったりと本格化しました。

 今のところは将棋を好きになってくれているようなので、目標は小学生のうちに有段者!