最近は、長男VSお父さんで八枚落ち、将棋ウォーズで3局、どうぶつしょうぎウォーズで3局というペースで練習しています。



 8枚落ちは、棒銀定跡と端攻め(9筋)定跡の2通りを交互に差してもらっていますが、さすがに毎日やるとだんだん良くなっているような気がします。

2016-07-01a

 お父さんの金が上がった瞬間に、角を出たところ。当然、角成りは防げません。「お父さん気づかなかった~これはやられたな~」と言うと長男自慢げ。

2016-07-01b

 「上手の金が5段目に来たら受けておきなさい」という教えを忠実に守れた。

 以降もだいたい悪手なく寄せて長男勝ち。これだけできればそろそろ道場の平手でももう少し勝てるんじゃなかろうか・・・?

 上手の勉強も頑張ろう。今、図書館で先崎先生と阿久津先生の駒落ちの本を順番待ちしています。

★ 8枚落ちの鉄則(改訂版)
1) 角道を開ける
2) 飛車先を突いて棒銀、または角を上がって端攻め(9筋)
3) 竜と馬を作る
4) 上手が金で攻めて来たら(5段目)、金を上がって受ける