今日は子供スクールで将棋連盟に行きました。

 長男を部屋の中に入れて出ようとすると、あれ?お父さんお母さんが室内にいっぱいいる?なんで?
→今日は参観日でした。

 というわけで、中で見学することに。他のお父さんお母さんが椅子に座って見守る中、自分はいろんな子供の将棋を見たり、先生の駒落ちを見たり、長男の棋譜をとったりウロウロしていました。ごめんなさい。

 今日のスクールは●●○の1勝2敗。以下は敗戦の棋譜。

長男スクール13級 VS 相手スクール13級 (スマートフォンでは見られません)



 個人的にポイントと思ったのはこの局面です。

2016-07-10a

 ▲4四角と捌けば勝勢ですが、指し手は▲1五銀。以下、長男の攻めは遅く、相手の攻めを面倒みている間に負けてしまいました。
 今日は、「終盤はとにかくスピード勝負!飛車と角でどんどん攻めよう!」と言い聞かせてみました。

 部屋の中をウロウロしていたところ、及川拓馬先生に「将棋けっこう指されるんですか?棋譜をとる父兄の方は初めて見ました。」と声をかけていただきました。恐縮です。
 せっかくなので、子供の上達の秘訣をお伺いしたところ、やっぱり「数をこなすこと」と「勝たせてあげること」とのことでした。アドバイスありがとうございました。頑張って毎晩指すぞ!

 スクール終了後は、道場へ。今日の成績は・・・

20160710

 なんと!4勝2敗!前々回、前回に比べて飛躍的に進歩・・・しているのでは?

 3連勝で昇級なので12級との角落ちは昇級の一番でしたが、お父さんが水を飲んでる間に2分くらいで負けてました(笑)。内容もわからず。

 昔、自分が1級から初段に上がるとき、強い二段との香落ちに苦しんだ記憶がありますが、15級でも容赦なく辛い手合を付けるんですね。次のチャンスは上がれるかな。

 来週も将棋スクールです。スクール12級、道場14級への昇級を目指して頑張れ!