びっくりしました。というしかありません。

 真実はこれから明らかになっていくのでしょうが、将棋連盟には、子供たちが「将棋を頑張ってよかった!」と思えるような将棋界づくりを切に望みます。